今や日本人の3人に1人がなると言われているほど、誰もが罹患する可能性のある「がん」

早期発見をすれば生存率はぐっと上がるとは言われているものの、その治療はどうしてもつらいイメージがつきものですよね。特に、手術でがんが取り除けない場合は化学療法を用いますが、抗がん剤の副作用は多くの人が苦痛を感じます。

吐き気、めまい、脱毛、食欲不振、また、感染症にかかりやすくなるなど、副作用と一口に言ってもさまざまですが、何らかの不調が身体にあらわれ、日常生活を困難にするのです。

がんになってしまうと、がんそのものがもたらす体の不調もさることながら、抗がん剤による副作用がとにかくつらく、それが原因で化学的な治療をやめ、民間療法など臨床のエビデンスのない治療に目を向けてしまう人も少なくないそう。

しかし、現代においては放射線や抗がん剤などの治療がもっとも治療の経過が良く、もっとも長く延命できる手段として証明されており、多くのがん患者さんがつらい副作用を感じながらも抗がん剤を使った治療で日々がんと戦っているのです。

では、この抗がん剤の副作用を少しでも軽くすることはできないのでしょうか?

抗がん剤の副作用を軽減するために知っておきたい3つのこと

実は、抗がん剤の副作用を軽減するためにあなたができるアプローチ、そして一度立ち止まって良く考えてほしいアプローチがあります。今回は知っておくべき3つのことがらをご紹介します。

お医者さんに副作用症状の予防薬・対処薬を相談する

一つ目は、副作用の症状を抑えられないかをお医者さんに相談することです。

あたりまえのようですが、実は、がん患者さんの中には、「主治医がこわい」「担当医が無愛想で相談しづらい」という理由から、副作用のつらさを医者に伝えずに我慢してしまう人が意外にも多くいるようなのです。

患者の立場からすれば、医者はもっと患者に寄り添うべきだ、丁寧なケアをすべきだ、と思ってしまいますが、逆に、毎日多数の患者を診ている医者の立場に立てば、一人一人の副作用の程度を「医者側から」気にしてあげられるような状況ではないというのが現状です。

あなたのつらさはあなたにしかわかりません。まずは勇気をもって「つらい」とお医者さんに伝えてみることから始めてみましょう。

今は、抗がん剤を投与する前に吐き気を抑える予防薬を処方したり、そもそも副作用が出にくい抗がん剤を使用したりなど、副作用を抑えるための医療的ケアも充実してきています。

まずは一番身近な専門家である医者に対処法を相談してみてください。

民間療法に過度な期待を抱かない

もう一つは、漢方薬やその他の民間療法に過度な期待を抱かないことです。

現代において、がんに対して「効果がある」と科学的に証明されているのは、外科手術や、薬・放射線を使用した「医療的治療」のみです。

しかし、化学療法は副作用が強く治療が長引くこともあってどうしても患者の心が折れてしまい、エビデンスが不確かな民間療法に飛びついてしまう人が多いという現状です。

しかし、民間療法が民間療法たるゆえんは、「効果が実証されていない」ということにつきます。ある人には、その治療の効果があったかもしれませんが、それを客観的に判断するエビデンスはなく、ほんとうにそれによって効果が出たのかさえ定かではないのです。

化学療法中は体の不調とともに精神的にも不安定になり、どうしても判断力が鈍ってしまいます。

民間療法を検討する場合は、かならず身内や親しい友人に相談し、その方々の意見を十分に参考にして決めることをおすすめします。

副作用軽減のための知識を貪欲に収集し続ける

3つ目が、抗がん剤副作用軽減についての情報を貪欲に収集し続けることです。

もちろん、治療にあたってくれるお医者様は、常日頃から新薬や基礎研究、臨床研究などの最新情報を収集し、医療の現場で実践されているはずです。

しかし、ある病院で余命宣告をされた妻が抗がん剤の副作用で意気消沈している中、夫がインターネットで見つけてきたある病院の最新の治療法によって、副作用の軽減どころかステージ4のがんから生還したという人もいます。

また、運動や食事などの生活習慣を整えることで、副作用が軽減したというブログもよくみかけます。

もちろん主治医がすすめる治療が最優先であることは言うまでもありません。しかし、副作用の軽減については、予防薬の適用範囲も含めてまだまだ医療的ケアが追い付いていないのが現状であり、多くの人が苦しんでいます。

その苦しさに付け込み、詐欺まがいの情報を発信して苦しむ人からさらにお金を巻き上げようというビジネスも残念ながら存在します。

そういった情報に踊らされないためにも、治療のさまたげにならない範囲で、できることを自分で模索していくという姿勢は必要であり、そのためには常に自分から情報収集し、良い情報、悪い情報を見極められる力を付けることが大切なのです。

リスクと戦う力をサポートするフコイダンとは?

フコイダンとはモズクなどの褐藻類から抽出されるぬめり成分であり、近年、人が本来持つ戦う力をサポートする成分として多くの機関が研究を進めています。

特にNPOフコイダン研究所はその名のとおり、フコイダンを専門に研究している機関であり、九州大学などとも連携して研究がすすめられています。

・NPOフコイダン研究所 公式サイト
http://www.fucoidan-life.com/basicexperiment/sideeffect/

薬ではなく食品であるため、どんな方でも摂取可能です。

ただし、フコイダンはもずく1kgあたり10gしかとれないため、食品そのものから摂取するとなるとかなりの量を食べなくてはなりません。効率的に摂取するにはサプリメントでの摂取がおすすめです。

信頼できるフコイダンサプリは「フコイダンV」

上記のNPOフコイダン研究所は、九州大学と連携して最新のフコイダン研究がおこなわれています。そのNPOフコイダン研究所の研究が生かされているサプリメントが株式会社ヴェントゥーノフコイダンVです。

フコイダンVは作用の異なる2種類のフコイダンとアガリクス菌糸体を配合したフコイダンサプリメントです。

最近はさまざまなメーカーからフコイダンサプリが発売されていますが、フコイダンVのように信頼できる機関が開発しているサプリメントはまだまだ少ない状況です

健康リスクに立ち向かうための一つの手段として、食品からのアプローチを考えた時に強い味方になってくれそうですよね。

株式会社ヴェントゥーノでは、個人の健康状態からフコイダンVを飲んでも大丈夫か、どのように飲んだらよいかを相談できる電話窓口があります。興味がある方は購入する前に一度相談してみると良いでしょう。